信頼できる加盟店
HOME
信頼できる加盟店
市・郡から加盟店検索
支部から加盟店検索
組合からのお知らせ
ガイドライン工法
屋根に関するQ&A
Joint-BBS
リンク集
問い合わせ
組合概要
入会案内
岐阜の瓦屋さん

岐阜県瓦葺組合は全瓦連に加盟しています


検索 Q&A内のキーワード検索    条件



  Q.    屋根工事(新築)のはじめから終わりまで、どのような順序で行われるのですか。各工程の順序と中味について教えてください。


  A.    屋根工事は、屋根の形状や瓦の種類また地方によって違いますので、ごく一般的な事例を紹介しましょう。瓦をのせる下地材の工事までは、建築業者の仕事になります。
A下地材の施工
B瓦と副資材の現場搬入
C下葺き、瓦桟木打ち:下葺きは、耐水用の合板やアスファルト・ルーフィングなどの施工。瓦桟木打ちは、瓦を引掛けるための桟木を下地材に固定する作業。桟木打ちのためには、瓦の寸法に合わせて正確な墨打ちが不可欠です。
D瓦揚げ:瓦揚機で、瓦を屋根の上にあげる作業。
E地葺き(平葺き):屋根の大部分を占める平部や軒部、袖部、棟部、谷部、壁際部などに、次々に瓦を葺いていきます。瓦工事の半分は、この地葺き作業にあてられます。ちなみに、桟瓦の屋根の葺き方には、右側から前の瓦の下に差し込んでいく「差し葺き」と、左側から前の瓦にかぶせていく「かぶせ葺き」の2種類があります。この時、下地材にどの程度緊結するかによって屋根の強度が違ってきます。
F棟積み:屋根の頂上部にあたる部分の施工です。おなじみの鬼瓦は、この時に取り付けられます。
G掃除点検、作業終了
ふつうの民家での瓦工事は、約10日〜2週間程度(休日を除く)の工事期間を要します。

BACK
岐阜県瓦葺組合   Copyright©2006 Gifuken Kawarabuki Kumiai.All Rights Reserved.